10秒で肩こり解消!の方法とは?

何をやってもなかなか解消しない辛い肩こり。
この肩こりを10秒で、しかも自分一人で解消するという動画がありましたのでご紹介します。

 

 

一人でできる肩こり解消法

この肩こり解消法のすごいところはタオル1枚と寝転ぶスペースさえあれば一人でできてしまうというところです。

 

やり方は簡単。
まず、丸めたタオルを肩の下に入れます。

 

次にタオルを敷いた側の腕を画像のように上にあげます。
このとき肘は曲げてください。

 

そして、タオルを敷いた側の方を反対側の手で押さえます。

 

この状態のまま深呼吸をしながら10秒。
すると肩こりが消えないまでもかなり柔らかくなります。

 

動画では10秒肩こり解消法を実施する前と後で肩の固さを比べていますが、かなり柔らかくなったとコメントされていますね。

出典:Youtube

 

 

実はこれ、間質液(かんしつえき)の循環による効果と言われています。
間質液は血管から染み出た血漿が主成分の液体であり、細胞の周辺はこの間質液で満たされています。
人の体内には約11リットル(体重70Kgの場合)の間質液があり、細胞へ栄養を運ぶとともに、細胞の老廃物などを運び去る役割を持っています。

 

つまり、間質液は栄養を運ぶ血管と細胞の間を結ぶ存在なのです。
この間質液が良く循環するということは、栄養をたくさん運び、老廃物をたくさん運び去ることができるようになるのです。

 

 

肩こりは筋肉にたまった老廃物が原因と言われていますので、その老廃物を運び出すkとによって肩こりが解消できるというわけですね。