「肩甲骨はがし」ってなに?

つらい肩こりや首こりを解消する方法として注目を集めている「肩甲骨はがし」。
肩甲骨はがしと聞くとなんだか怖そうで痛そうなイメージがありますが、そんなことはありません。

 

肩甲骨はがしはきちんとした整骨院などでも取り入れられている肩こりの解消法です。
肩(肩甲骨)を動かすことによって硬くなった筋肉をほぐす方法が「肩甲骨はがし」と呼ばれているだけです。
名前が怖そうなだけですね。

 

肩こりの多くは肩や首の部分の筋肉が固まり、血行が悪くなることによっておこります。
肩甲骨はがしは肩(肩甲骨)を動かすことによって筋肉をほぐし、血行を良くすることによって肩こり・首こりを改善していきます。

 

管理人も実際にやってみましたが、肩(肩甲骨)を動かすことによって適度に負荷がかかりかなり気持ちいいです。
自分一人でもできますので、ちょっと肩や首が凝ったなというときにやってみてください。

 

ただ、結構動作が大きいので、会社のオフィスなどでやるときは注意が必要です。。

 

 

肩甲骨はがしで肩こり改善!

一人でできる肩甲骨はがしの方法について紹介してきます。

 

準備運動

両肘をまげて手を肩の上に置きます。
そのままの状態で内側に向かって肩を5回ほど回しましょう。
回し終わったら、今度は外側に向かって回してください。

 

 

肩甲骨はがし1

背筋を伸ばした状態で肩を上げて耳に近づけます。
そして、肩にかかった力を抜い肩を落とします。
肩の筋肉を緊張・弛緩させることで硬くなった筋肉をほぐします。

 

 

肩甲骨はがし2

次に両腕横に開いた状態で肩の高さまで上げます。
このとき、肘から上は天井を向いているようにしてください。
また、胸を大きく張った状態に保つようにし、猫背になっていないことに注意してください。
ちょうど下の絵のような感じです。

 

そのまま、両腕を上にあげて最後は万歳する様にしてください。
肩甲骨に負荷がかかってるのが判ると思います。

 

この動作を5回ほど繰り返します。

 

 

肩甲骨はがし3

準備運動と同じ動作を行います。

 

 

最初は少し肩が痛いかもしれません。
無理せず少しずつ肩甲骨周りの筋肉をほぐしていきましょう。