身体のめぐりをよくすると肩こりが治る!?

動かすたびに肩がなるほど酷い肩こり。
マッサージしてもちょっとの間楽になるだけで、翌日はバキバキ音が鳴る・・・なんてことはありませんか?
酷いときには頭痛や吐き気までする肩こりですが、身体のめぐりをよくすることで解消できるというのはあまり知られていません。

 

しかし、実際は肩こりと血流(身体のめぐり)は大きく関係しています。
そもそも肩こりは血流が悪くなっておこるのですから。

 


 

肩こりと血流の関係

まず、肩こりが起こるメカニズムとして、筋肉の緊張による疲労があります。
筋肉の緊張の原因はストレスや事務作業など同じ姿勢で身体を固定するなどがあります。
緊張するだけなら大きな問題はないのですが、このとき同時に老廃物をつくりだします。

 

通常であれば、血液によってこの老廃物は運び出され問題は発生しません。
しかし、過度のストレスなどによって緊張し続けてしまうと、筋肉から老廃物が運び出されなくなってしまいます。
そして、老廃物がたまってた筋肉は固くなり、血流を妨げてしまいます。

 

血流が妨げられると余計に老廃物が運び出されなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。
そして筋肉は疲労したままという状態が肩こりの正体です。

 

肩こりの解消法は?

肩こりの原因は疲労した筋肉と、それによってめぐりが悪くなった血流です。
筋肉から老廃物を運び出し疲労回復させるには、まず血流の改善が必要です。

 

つまり、身体のめぐりをよくすることによって肩こりは解消可能と言えます。
マッサージなどで肩こりが緩和するのは、一時的とはいえ血流が改善するからなのですね。
(もっともこの方法は万能ではありません)

 

身体の内側の問題は身体の内側から解決するのが一番です。
家であれば身体を動かしたりして、血の巡りをよくするのが良いでしょう。
会社や学校などでストレッチもやりにくいという方は肩こり解消サプリメントがおすすめです。

 

お薦めの肩こり解消サプリ【笑みの種】の詳細はこちら>>