右肩だけ凝るのは危険信号!?

肩こりのほとんどは緊張やストレス、疲労からくるものと言われています。
しかし、一部の肩こりは病気のサインだったりするのです。

 

実は肩こりは疲労からくるものの他に、関節や周辺組織の炎症、胆石など内科的な病気の症状である可能性があります。
特に負担をかけていないのに右肩だけ、あるいは左肩だけ凝るというときは要注意かもしれません。

 

つらい肩こり対策に「温活」

血流改善で肩こりも改善♪

詳細はこちら

↓↓↓

 

 

一般的な肩こりと病気からくる肩こりには違いがあります。
一般的な肩こりは姿勢を変えたり、休憩したりすると症状が緩和される傾向があります。
体勢を変えてもずっと肩こりが続くようであれば疾患を疑って検査してみた方がいいかもしれません。

 


 

また、ただの肩こりか病気なのかを見極めるポイントは4つあります。
ひとつでも当てはまれば一度検査してみてください。

 

常に同じ部分が痛む
腕が上がらない、首が回らない
ある動作をすると痛みがある
腕や足にしびれやマヒ感がある

 

 

片方の肩だけ凝る場合

右肩(または左肩)に負担をかけたわけでもないのに右肩(左肩)だけ凝るというときは要注意かもしれません。

 

右肩だけこる

胆石の可能性があると言われてます。
右肩にコリや放散痛が起きるときは要注意です。

 

また、肝機能低下の可能性も考えられます。
肝臓は異常があってもなかなか症状が現れない”沈黙の臓器”と呼ばれています。
しかし、肝機能の低下にあたっていくつかのサインがあるとも言われています。
肩こり関連では
・右の背中から肩にかけてこりや痛みが出やすくなる
・肝臓の裏(右肩甲骨胃の下)が盛り上がる
と言われています。
当てはまるものがあった場合、一度診察してもらいましょう。

 

 

左肩だけこる

左肩だけ凝る場合、胃腸の不調が考えられます。
胃の筋肉は左肩や背中に繋がっているため、胃腸の不調は左肩に現れやすくなります。

 

また、胃のすぐ後ろにある膵臓に炎症が起きているときも左肩だけ凝るという症状が現れます。
さらに心臓の機能低下のケースでも左肩が凝りやすいと言われています。
狭心症や心筋梗塞といったケースも考えられますので、自己判断せず診察してもらうことをお薦めします。

 

 

肩こりはストレスや疲労などで凝るときと、病気が原因の場合もあります。
もしおかしいなと感じたら医療機関を受診してくださいね。

 

出典:その肩こりは大丈夫?肩こり症状が出る6つの怖い病気の特徴

 

 

もし普通の肩こりだったら?

右肩だけ凝る、あるいは左肩だけ凝ると言っても普通の肩こりの場合もあります。
管理人も左肩が凝ることがよくあります。
原因はPCを使うときに左手だけずっと同じ体勢で固まっているからだそうです。
右手はマウスを動かしたり、メモをとったりとそれなりに動かしているので、結果として左肩だけ凝るはめに・・・
マッサージに行っても「左肩だけ凝ってますね」とよく言われます。

 

左肩だけ凝る理由が判ってからは仕事中に肩を動かしたりするようにしています。
すると、多少なりとも肩こりは改善されます。
後は肩こり解消サプリなどを使うと片方の方だけ凝るというのもかなり軽減されますよ。

 

おすすめの肩こり解消サプリはこちらです