カラコンをすると肩こりになる!?

カラコンをしたら肩こりになったという話を聞いたことはありませんか?
カラコンはおしゃれの必須アイテムともいえるものですが、それがもとで肩こりになるなんてイヤですよね。

 

実はカラコンと肩こりは全く無関係とは言い切れません。
ですが、カラコンと肩こりをすぐに関連付けるのもちょっと乱暴です。
まずはカラコンと肩こりの関係について知っておきましょう。

 

カラコンと肩こりの関係

まず、カラコンと肩こりが関連付けられる理由ですが、実は目の筋肉と肩の筋肉が繋がっていることに由来します。
デスクワークでパソコンと睨めっこをしていたら肩が凝ったというのは、1つは姿勢の固定がありますが、もう1つの理由として目の酷使があります。
目の筋肉が疲労するとそれが肩の筋肉まで伝搬してしまうのです。

 

同じようにカラコンをしていることが原因で目が疲れてしまうと、それが肩こりに影響してしまうということはあり得ます。
この意味ではカラコンと肩こりはあながち無関係ではいのです。
ですが、ここに1つキーワードがあります。

 

それは「目が疲れた」です。
カラコンをしていて目が疲れたということは、そのカラコンが目に合っていないのです。
カラコンをしていて肩がこったという経験があるなら、カラコンの度数やベースカーブなどをもう一度チェックしてみましょう。
もし自分の目とカラコンがあっていないなら、目が疲労してしまい、それが結果として肩こりになってしまうのです。

 

カラコンに限らず眼鏡でも同じことが言えますので、注意してくださいね。
カラコン自体はきちんと使えばおしゃれを楽しめますが、自分に合っていないと目が疲れたり肩こりになってしまったりするので気を付けてくださいね。
みんカラカラコン口コミ